Visual Studio 2008

Visual Studio 2008 Express Editions 日本語版が公開されたんで、さっそくインストール。

メインで使うのはC#とC++だけなので、Visual C#とVisual C++をインストールする。

家で使っているのは、Vista Ultimateの日本語版。入れるのも当然日本語版。

仕事用ではなく、家で使う個人用なので、もちろんExpress Edition。

DVDのイメージからのインストールではなく、Webインストールで行う。

まずは、Visual C#。

これが死ぬほど時間がかかる。ダウンロードよりも、インストール自体に時間が。結局、3時間経ったところでギブアップして、寝てしまいました。

インストール途中に幾つかの、「Windows用更新プログラム(KB******)がインストールされたのか、「再起動しますか?」ダイアログが出てたのだが、最終的に「4時間先にもう一度知らせる」を選んで放置。2時間以上待って、4時間先なので、再起動してもインストールは終わっているでしょうとの見込み。

この更新プログラムが、Visual C#のインストールとともに入ったものなのか、それとも、たまたま更新プログラムのアップデートと重なったのかは不明。

Visual C#をフルインストールでいれたら以下のものがインストールされた。

  • ランタイム必須コンポーネント
  • Microsoft .NET Framework v3.5
  • Microsoft .NET Framework 3.5LP – 日本語
  • Microsoft Windows SDK for Visual Studio 2008 Express .NET Framework ツール (x86)
  • Microsoft Windows SDK for Visual Studio 2008 Express Win32 ツール (x86)
  • Microsoft Visual Studio C# Express Edition
  • Microsoft SQL Server Compact 3.5
  • Microsoft SQL Server Compact 3.5 Design Tools
  • MSDN Express ライブラリ for Visual Studio 2008
  • Microsoft SQL Server 2005 Express Edition (x86)
  • Microsoft Silverlight Runtime

なんや、よくわからんものもいろいろ入るなぁ。

引き続き、Visual C++のインストール。インストールされたものは以下のもの。

  • Microsoft Windows SDK for Visual Studio 2008 ヘッダーおよびライブラリ (x86)
  • Microsoft Visual C++ 2008 Express Edition

これらのインストールのついでに、インストールされた更新プログラムは、

KB110806 Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 1
KB929300 Microsoft .NET Framework 3.0 Service Pack 1
KB935953 不明
KB935952 不明

VistaのコントロールパネルのWindows UpdateからKBの内容を表示するためのMicrosoftのWebのリンクがあるんだけど、「お探しのサポート技術情報は現在利用できません」。

何がどうなっていることやら。

さぁ、何がどう変わったんでしょうかねぇ。

コメントを残す