Septic pump out

我が家のある地域には下水が無く、かわりに各家に簡易浄化槽がついている。この家に引越してきてから2年になるので、簡易浄化槽の定期メンテナンス。

家の簡易浄化槽は英語ではPrivate septic。

マサチューセッツでは家を売却する際に、Title 5という浄化槽の検査が必要。その際に作業した業者が2年経ったということでダイレクトメールで連絡が来る。

簡易浄化槽は裏庭に埋まっている。だいたいの場所はわかるのだが、蓋がどこにあるのか正確な位置はわからない。

その際は、鉄の棒でつっついて探すのだが、以前、うちのメンテナンスをやってくれた業者なら記録があるかもしれないので、同じ業者に以来。

やってきた兄ちゃん。うちのことを覚えていた模様。2-3ヶ所を棒でつっついて、蓋を発見。丸く芝生をシャベルでくりぬく。

大当り。樹脂製の蓋をはずすと中にはコンクリートのうち蓋が。

次回に備えて位置を記録。地下の出口のへりから21フィートの位置に蓋がある。

あとは写真自粛。

思ってたよりも臭いがしなかった。

無事に作業終了。片付けておしまい。

兄ちゃん曰く、二人しか住んでないなら2年ごとじゃなくて、もっと間隔あけても大丈夫だよ。まぁ定期点検を兼ねるなら2年でもいいけど。とのこと。

ひと安心です。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください