炊飯器でステーキ

炊飯器でステーキをやったらうまかったのでメモ。

肉は冷蔵庫から出して常温にしておく。これはどんな焼き方だろうがステーキの基本。ステーキは常温から調理。

とくに炊飯器で調理する場合は、冷蔵庫で冷えた肉だと中心部まで熱がいかない。常温重要。

ラップでくるむ。肉汁が出るのでこぼれないように2重で密閉。空気が膨張して膨らむのでできるだけ空気を入れないように密閉。

肉汁が炊飯器に流れ出して、炊飯器ににおいがつくのがいやなので、もうひと重ね。

5合炊きの炊飯器にぶちこむ。

沸騰した湯を溢れない程度になみなみ注いで、炊飯器は保温にして放置。

その間に付け合わせとステーキソースの準備。

ステーキソースは以前からお気に入りのやつから、我が家の好みにアレンジしたもの。

玉ねぎ1/2個のうち1/4 をすりおろし、1/4はスライス。レンジでチン。はちみつまたはメープルシロップ大さじ1、醤油大さじ2、酢大さじ2を混ぜておいておく。

30分から40分炊飯器を保温にした状態がこちら。もうちょっと火を入れてもいいかも。

熱したフライパンにオリーブオイルを垂らしたのち、肉を焼く。

やっぱりステーキは表面がこんがりしてないとね。

焼いたのち、皿へ移動し、休ませる。

休ませている間に、フライパンにステーキソースを入れて煮詰める。玉ねぎの甘味がちゃんと出るようにしっかりと火を通して。

もうちょっと火が入っていたほうが好みかな。

うまうま。

コメントを残す コメントをキャンセル

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください