Dr. Mc DOUGALL’S ASIAN NOODLES TERIYAKI

近所のスーパーでアジアンヌードルなるものが売っていたので試してみた。

Dr. Mc Dougall’s Asian Noodle Teriyaki

最近はこっちのスーパーでもアジア食品コーナーを見かけることが多く、そこにはNissinとかMaruchanとかからの、袋麺やカップ麺がおいてある。日本から持ってきている場合、牛肉エキスの輸入規制があるため味が違う。アメリカやカナダで生産されている場合、日本の味に近い。このDr. Mc DOUGAL’sってのは初めてみたので試してみた。

ラベルがNewman’s Ownのそれに似ているので釣られたというのもある。

中の様子。底に袋調味料が収まってる。なんで底やねん。麺はかなり少なめ。

麺を一旦取り出さないと調味料が取れない。ということで、蓋は全撤去。

内側にある線まで水を入れる。お湯じゃない。レンジでチンするシステム。水、少なくないか?

沸騰するまでレンジでチン。

水が沸騰したら、麺を一旦かき混ぜてアルミホイルで蓋をして待つ。

湯に浸かってない麺は、カチカチなので、かき混ぜろって言っても混ざりませんし、お湯に浸かりません。

ラベルに書かれている時間待ったけど、予想通り麺が固い。

あー、これって、カップ焼きそばのソースを先に入れちゃったときの感じ。

ごちそうさまでした。

コメントを残す コメントをキャンセル

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください