本の調達

散髪しにサンフランシスコ市内へ行ったついでに、紀伊国屋によって本の調達。
ここんところ忙しくて、本読んでる暇無いくせに、どんどん本が溜まっていくな。まぁ年末年始にまとめて読むとするか。


今日は4冊。


フリーランスはじめてみましたが… きたみ りゅうじ (著)

R’s factoryのきたみりゅうじ氏の書いた自分の体験談。彼は、元はエンジニアで、Webでまんがや文章を公開していた。んで、エンジニアをやめて物書きでなんとか食えるところまで来たという体験談の本である。エンジニアとしての会社でのうだうだ感や、会社辞めちゃった直後のなんとな~くの不安とか、初めての仕事でのどきどき感とか、とっても楽しく読めました。
結婚式で、絡まれるあたりは、なんとなくわかる気がして、うんうんと。。俺も、アメリカ来て、かつての友人にそんなことを言われたことがあるんで。。。なんとな~く、初めてアメリカに来た、新しい一歩を踏み出す、あのわくわく感がよみがえってきて、楽しかったです。そうなんだよねぇ。思っていたよりも、なんとかなるもんなんだよねぇ。なんとなくそんなわくわく感が恋しくなっている今日この頃。


ニッポン経営者列伝 嗚呼、香ばしき人々 山本 一郎 (著)

先日買った美人(ブス)投票入門 山本 一郎 (著)が結構読みやすくて面白かったので、もうちょっと切込隊長の読んでみたくなって、買った。なんかの雑誌の連載をまとめたものらしい。多くの大企業の経営者について、ひとりづつこの人はこんな感じの人って解説。一般的な紹介記事じゃなくて、切込隊長の言い回しで読めるので、ちょっと楽しみ。


その英語、ネイティブにはこう聞こえます〈3〉海外旅行パーフェクト編 ディビッド セイン (著), 小池 信孝 (著)

なんとなく、ディビットセインの書く英語の本は読みやすいので、また釣られて買ってみた。
こんどは海外旅行編らしい。ネィティブにはこう聞こえますって言っても、みんなやさしいから大体意味はわかってくれるんだけどね。自分が普段気が付かないで、やらかしている間違いが結構載っているので、とっても勉強になります。


ディジタル画像処理の基礎と応用―基本概念から顔画像認識まで プログラミング入門シリーズ 酒井 幸市 (著)

.NETを使ってサンプルコードを示した、画像処理のアルゴリズムの本。前半はどうでもよかったのだが、後半の直交変換からウェーブレット変換までの解説に興味を持ったので買ってみた。サンプルとなる画像がちょっと少ないけど、図は丁寧に書かれているので、ちょっと期待。
頭ではわかるんだよ。根っこのところでいつもしっくり来ないんだよ。根っこでしっくりこないから、応用が利かないんだよ。という部分が解決できるのはいつのことやら。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください