バスルームのガラス磨き失敗

バスルームのガラス磨きを頑張ってみたけど失敗した。

誰も悪くない。俺のやり方が悪かっただけ。

我が家のバスルームの一つがガラス戸になっている。で、このガラス戸が古いからなのか、水にカルシウム分が多いからなのか、いわゆる水垢、ウロコがひどい。ひどくってガラスが曇った状態。

こいつを手でどうにかしようと、CLR(酸性)とか塩素系洗剤(アルカリ)とかアンモニア水(アルカリ)とか、メラニンスポンジとかいろいろ試してみた。

なかなか頑固。

この度、Holikme 25Piece Drill Brushを調達。

本来なら専用の工具があるのだが、こいつは、取りつけの部分が6ミリ角になっていて、ドリルに取り付けて使う。

こいつとCLRで根気よくやったら頑固なウロコでも落ちるんじゃないかと。

結論。

落ちません。

ドリルって連続運転には向いてないんだよ。いかんせん、重たい。使いづらい。小さい範囲ならまだしも、バスルームのガラス戸はでかいんだよ。

で、無理して頑張っても、ダメでした。あの手のウロコって、濡れてる間は見えないから、きれいになった気がするんだけど、乾燥するとやっぱり出てくる。

うーん。ちゃんとした研磨剤使わないとだめなんだろうなぁ。

いや、このドリルブラシ自体はいいものなのよ。掃除が圧倒的に楽になると思う。ただ、うちのバスルームのガラス戸のウロコ取りには向いてなかったというだけ。ありゃ、研磨剤がなきゃどうにもならん。

いや、メラミンスポンジで駄目だったから、研磨剤でも駄目かも。

うーん

「バスルームのガラス磨き失敗」への2件のフィードバック

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください