オリオン座

ということで、曇りがちなんだけど、無理やり挑戦

いつもの近所の山の中。ちょっと雲が出てる。

いやぁ、リモートスイッチ最高。
カメラのシャッターボタンって押しにくかったんだよね。そっと押さないとぶれちゃうし。シャッターボタンだとぶれるのが嫌で10秒タイマー撮影だったし。でもリモートスイッチならじゃんじゃん撮影できる。特に「長時間露光時のノイズ低減」を「する」に設定していて、撮影後、露光時間と同じだけ時間がかかるんだけど、それが短く感じちゃうくらいじゃんじゃん取れる。
ちなみに、「長時間露光時のノイズ低減」ってのは、撮影後、同じ時間だけセンサーを働かせて出てきた絵(ノイズ成分)を引き算してくれる機能。

機材はCannon EOS Kiss DN。レンズは、EF55-200 4.5-5.6 II USM。

ということで、まずはM42、オ リオン星雲。

200mm F/5.6 ISO1600 ISO1600 3.2秒 RAWから調整したものを縮小

んでこいつを11枚撮影したので、オリジナルから肝心な部分を切り出して合成
 
200mm F/5.6 ISO1600 3.2秒x11

そして、M31アンドロメダ銀河
 
200mm F/5.6 ISO1600 3.2秒 RAWから調整したものを縮小

こいつは残念ながら、すぐに雲がかかってきちゃって5枚だけ。というか、この時点でかなり霧っぽくなってきてる。こいつも肝心なところを切り出して合成。
 
200mm F/5.6 ISO1600 3.2秒x5

三脚組み立ててるときは晴れてたのに、さぁ撮るぞぉってなったら、霧と雲が出てきちゃったんだよね。雲の向こうに星が出てる感じ。
どちらも、3.2秒だけど流れてる。でもこれ以上露光時間を短くするのは無理。というか、今でも短すぎて駄目駄目。やっぱり追尾して、もうちょっと露光時間稼がないとだめだよなぁ。
んでも、リモートスイッチがあれば、じゃんじゃん取れるので、M41の方は、もうちょっと枚数増やして試してもいいかも。んでも、なんか違う。思っているのと違う。というか、周りに合わせると、中心部が飛んじゃうんだよね。画質調整の練習が必要だ。
それにしても、M31。うまく撮れねぇ。M41は4等星で、M31は4.8等星。う~ん。俺がM31だと思っているのは、違う星雲なのか?そんなはずは。。。前回18mmで30秒露光したときはもうちょっと綺麗に出てたので、やっぱり露光時間の問題かなぁ。まぁレンズも200mmだと暗いけどね。

晴れるのをしばらく待ったんだけど、どんどん雲が出てきちゃって、全天曇りになっちゃったので、撤収。長時間露光を試せなかった。
リモートスイッチでじゃんじゃん取れたとはいえ、短期決戦というか撮影時間まさに10分程度だった。天気のいいときに再挑戦だな。

んで、家に帰ってきたら、家の前ではオリオン座が。。。なんだよ、帰ってきたら晴れるのかよ。

ということで、長時間露光に挑戦。ターゲットはやっぱりオリオン座。

機材はCannon EOS Kiss DN。レンズは、EFS18-55 3.5-5.6 II USM。


31mm F/4.5 ISO100 162秒


34mm F/4.5 ISO100 301秒

広角だとファインダーが暗くてどこに何があるやらさっぱりわからん。露光時間も結構適当。家の前からなんで、かなり明るい。木に当たってる明かりは街路灯。
んでも、長時間露光おもしれぇ。5分程度の露光でこんな風に撮れるんだ。まぁ5分露光したら5分ノイズ低減に時間がかかるから実際10分だけどね。あ、そういえば、このノイズ低減なしってのも試さないと。

長時間露光すると周辺減光が目立つのかな。真ん中だけ明るくなっちゃってる。調整の仕方が悪いのかしら。

う~ん。やっぱり長時間露光は山の中の暗いところで試したいなぁ。

それ以外にも、画質調整の練習をもっとしなきゃ駄目だな。ちゃんとモニタの明るさをあわせてから画像編集するようにして、もっといろいろ試さないと。なんか思っているのと違う。。。

日々修行です。とりあえず、スカッと晴れてくれ。まぁサンフランシスコではこの時期、晴れるのは難しいけど。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください