日本語版Visual Studio C#

普段、英語版のVisual Studio 2005を使っている。
仕事柄、日本語版のGUIを作ったりもするけれども、基本はまず英語版のGUIを作ってから、日本語版を作る。

先日、初めて、日本語版のVisual Studio 2005に触る機会があった。

正確には、Visual Studio C# 2005 Express Edition。

気になったことがあるので、メモ。

日本語版のVisual Studioを使っているのだから、ウィザードで生成されるソースコードのコメントが日本語になるのは理解できる。

初めての日本語版なので、へぇ、こんなふうに訳されるんだぁと、へんなところに感心したりしていた。コメントって「ですます」で統一されてるのねとか。。。

フォームにMenuStripとToolStripを貼り付けたときに、奇妙なことに気がついた。

MenuStripとToolStripをデザイナ上で見ると、SmartTagというか、タスクというかの中から、標準項目の挿入というツールを選ぶことができる。MenuStripで言えば、「ファイル(F)」「編集(E)」「ツール(T)」「ヘルプ(H)」を自動生成してくれる、あれである。

こいつで生成されるコード。コード自体に日本語が埋められます。
具体的には、

private System.Windows.Forms.ToolStripButton 新規作成NToolStripButton;
private System.Windows.Forms.ToolStripButton 開くOToolStripButton;
private System.Windows.Forms.ToolStripButton 上書き保存SToolStripButton;
private System.Windows.Forms.ToolStripButton 印刷PToolStripButton;

てな感じ。インテリセンスで変数を引っ掛けるのに、漢字を入力しないと駄目なんです。コード自体に日本語を埋めることができるのは知っていたんですが、僕は普段、インテリセンスを多用しているので、コードに日本語を入れちゃうと非常に入力しづらい。

実際、仕事では諸般の事情により、やっぱり英語なわけですよ。仕事でIMEをONにすることなんて、ほとんどなくて、たとえ日本語GUIを付けているときでも、コメントは英語で書いておかないと、他の人がデバッグできなくなっちゃう。
そんな環境に慣れていて、インテリセンスはIMEがOFFでひっかける感覚でいたので、非常に驚いた。

んで、ふと疑問に思ったのは、日本にお住まいの開発者の方は、どうしてらっしゃるんでしょう。

  1. コードに日本語が使えるなら、変数名から関数名まで日本語を使ったほうが読みやすいので、じゃんじゃん日本語を使う。
  2. まぁ普段は英語で。ウィザードで生成されて来ちゃったのはしょうがないので、そのまま。
  3. コードに日本語が埋まるのは、気持ち悪い。手で、ちまちま修正。
  4. 英語版のVisual Studioを使う
  5. その他

どうしてるのか、教えてください。
家のPCが日本語版なんで、家でVisual Studio2005を使うと、非常に気色悪いんです。

「日本語版Visual Studio C#」への2件のフィードバック

  1. 「標準項目の挿入というツールを選」ばない、に1票!
    オイラはあまり使わないんだけど、特定用途のシステムでは、プロパティとかに比較的日本語を使う場合があるようです。
    たとえば、国や自治体の年金や税金のシステムとかで、
    ・日本語を英語にすると他の日本語と同じ英語になってしまう
    ・日本独自のため英語が存在しない
    ・結局、無理に英語にしても、余計に分かり難い
    とかの理由で、日本語を使うんだそうだ。
    日本人には、日本語はコメント部分っていう変な慣れがあって、プログラムに日本語があると違和感を感じるのですが、それもやはり慣れなんでしょうかね。
    プログラム(またはランタイム)がUnicodeベースになったという進化を遂げたわけですから、我々もそれになれないといけないのかもしれませんね。
    インテリセンスで入力が面倒とかという要望は既に上がっているようですが、個人的には実現されないと思っています。

  2. へぇへぇへぇ。
    やっぱり日本語使うんだぁ。
    DBのカラム、テーブルには日本語を使うという話を聞いてたけど、コードでも使うんだ。まぁ日本独自の文化を表現するのは、日本語が一番簡単だからねぇ。
    確かに、コメントは以前は日本語コメントの方が見やすかったけど、最近は、ソースコードを表示する際のテキストエディタに、キーワードを色分けする機能が一般的になってきたので、あんまり気にならなくなってきたかなぁ。
    逆に英語で書いたほうが、ただ単に日本語に翻訳するんではなくて、意味を書くようにせざるをえないので、その方があとあと読みやすかったり。
    Unicodeベースで不安なのは、見た目が似ている文字が増えていることです。コンマの全角半角みたいに混ぜると危険なんですよね。
    まぁこのへんも慣れなんでしょうね。
    インテリセンスはローマ字を検知してとか、いろいろやりようはありと思うんだけどね。

コメントを残す コメントをキャンセル

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください