ワイヤレスヘッドセット

久々に長時間Skypeをする機会があった。普段、Skypeをするときは、BoseのヘッドフォンとLogitechのスタンドマイクを使用していた。

どちらも、有線なので、パソコンの前にしがみついていないといけない。

ヘッドフォンをやめて、スピーカーでやってもいいのだが、やっぱりスピーカーだと、音が回ってしまって、うまくSkypeできないんだよね。なんで、ヘッドフォン必須だったんだけど。

不便に思ったので、ワイヤレスヘッドセットを調達。

Best Buyで$99.99-でした。いや、安いのも売ってたんですけどね。この手のやつは、安いのを買うと、あとで結局買いなおすパターンなので一番よさそうなやつ。


9グラム、3.5時間使用、80時間待ち受け、Bluetooth 2.0対応。

パソコンコーナーよりも、携帯電話コーナーの方が、商品の種類が充実してたな。


内容物はこんな感じ。コンセント、シガーソケット、USBの3種類から充電できる。
リチウムイオン電池で、取説によると、3時間でフル充電。


必要なのはこれだけ、右のは、充電するときに使うアダプタ。こいつにケーブルをつないで充電する。充電中は紫に点滅する。


ヘッドセット側には小さい接点が付いている。これが、充電アダプタにつながるようだ。


携帯電話用だからなのか、CDの類は一切付属していない。コントロールパネルの「Bluetoothデバイス」を選択。


あ、昔のNXTが残ってた。「追加(D)」を押して、


ここで、ヘッドセットのボタンを押したまま、しばらく待つ。ずっとボタンを押さえていると、LEDが青、赤、青、赤と点滅し始めるので、そこで、手を離す。

チェックボックスを入れ、「次へ(N)」を押す。


お、見つかった、見つかった。選択して次へ。


取説によると、パスキーは「0000」で固定の模様。


無事に終了


と、自動的に、Bluetooth Peripheral Device ドライバのインストールが始まります。PC内に入っていない場合、ネットワークから自動的に見つけてくる模様。


無事にドライバのインストールも終了。


Bluetoothでもちゃんと認識できている模様。


コンパネのサウンドの中から、プロパティを見てみると、「1チャンネル、16ビット、8000Hz (電話の音質)」となっている。まぁ、こんなにちっちゃいんだし、CDの音質ってわけにはいかないよな。


Skypeでもちゃんと認識されました。

MSNメッセンジャーもOK。

これでハンズフリーで音声チャットができるようになりました。  

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください