富士通総研のレポート その2

富士通総研のホームページ
消費と資産効果・逆資産効果-家計のバランスシート問題への一考察 新堂 精士
という記事を見つけた。
うーん。おもろい。
今、日本では団塊の世代が老後に備えて貯蓄に励んでいる時期です。
2007年以降一斉にリタイアしていきます。
すると今まで「あとちょっとで定年だから、定年になったら海外旅行しようね。それまでは、会社休みづらいから、ちょっと我慢しようね。」などと言ってた人たちが一斉に余暇を楽しみはじめます。
老後に備えて家を建て直したり、
退職金を片手に、投資の勉強をしたり、
旅行に行ってみたり、
カルチャーセンターなど、再教育を受けてみたり、
2007年までは消費は抑えられるが、それ以降は消費が拡大するかもしれない。
とのこと。
かなーり偏った読み方をしている、俺。

コメントを残す