Raspberry pi 4

Raspberry Pi 4を買ってみた。

購入したのは

  • Raspberry Pi 4 8G Starter Kit – 32GB Storage
  • Raspberry Pi GPIO Breakout Board Bundle
  • Raspberry Pi HQ Camera Kit with Telescopic and Wide Angle Lends
  • Raspberry Pi – 64 GB Memory Card w/NOOBS

canakit.comで、全部で送料こみこみで$300弱。

Raspberry Pi 4 8G Starter Kit – 32GB Storageの内容物は

  • Raspberry Pi 4 8 GB RAM
  • CanaKit USB-C Power Supply
  • Set of 3 Aluminum Heat Sinks
  • CanaKit Quick-Start Guide
  • CanaKit GPIO Reference Card
  • SanDisk 32GB MicroSD w/NOOBS
  • Premium Black Case
  • CanaKit Fan
  • USB Card Reader
  • Micro HDMI Cable

さっそく組立て。ちっこ。

長方形のヒートシンクがあるので、その貼り付け方向にあわせて、正方形のヒートシンクも貼る。

ファンも取りつけ。向きについて書いてないな。どっちにしようかな。

端子に5Vと3.3Vが出てるので、そこに接続。この電源端子はOSが落ちても電圧がかかり続けるので、ファンは止まらない模様。

裏にMicroSDを差す。

ケースは3分割。

できあがり。

仮組みして動作確認。写真にはうつってないけど、LANと電源も接続。

なんか色々OSが選べるけど、とりあえず最初なんで、Raspberry Pi OS Full (32-bit)で。

さくっとOSのインストールは終了。

キーボード、マウス、ディスプレイがなくても動くように、sshとxrdpのセットアップ。

Raspberry Piの設定を開く。

InterfacesタブでSSHをEnableにすれば、リモートからRaspberry PiにSSHでログインできるようになる。

VNCのサーバーもここでenableにできるけど、僕はVNSじゃなくて、Windows Remote Desktop派なのでxrdp。

$ sudo apt install xrdp
$ sudo service xrdp restart

で、xrdpが使える。

あとは、WindowsからRemote DesktopでGUIログインできる。

xrdpのログイン画面はこんな感じ。SessionはXorgで。

Visual Studio Code は通常の入れ方だと入らないので、

$ sudo -s
$ . <( wget -O – https://code.headmelted.com/installers/apt.sh )

https://www.hanselman.com/blog/HowToInstallVisualStudioCodeOnARaspberryPi4InMinutes.aspx

.NET Core は、ダウンロードしてきて、

$ sudo mkdir -p $HOME/dotnet
$ sudo tar zxf dotnet-sdk-3.1.100-linux-arm.tar.gz -C $HOME/dotnet
$ export DOTNET_ROOT=$HOME/dotnet
$ export PATH=$PATH:$HOME/dotnet

https://elbruno.com/2019/12/30/raspberypi-how-to-install-net-core-3-1-in-a-raspberry-pi-4/

で、使える。exportは.bashrcの最後に追加。

WiFiの設定はGUIなら右上のWiFiアイコンをクリックしたり右クリックしたりでなんとかなる。

設定ファイルは、

/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
/etc/dhcpcd.conf

に書かれているので編集して、

ifdown wlan0
ifup wlan0

でWiFiの停止、起動して反映。

iwlist wlan0 scan | grep ESSID

で、WiFi-スポットの一覧が取れる。

詳しくは、https://raspida.com/wifi4raspbian とか https://dev.classmethod.jp/articles/raspberrypi-remote-connect/

ssh用にemacsも入れなきゃ。

$ sudo apt install emacs

vcgencmdでさまざまな情報が取れる。

$ vcgencmd measure_temp

など

ちっこいとはいえ、新しいパソコンはわくわくするね。

なにして遊ぼっかな。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください